変形性膝関節症

scroll

このようなお悩みはありませんか?

  • 階段の上り下りがつらい
  • 椅子から立ち上がるときに痛む
  • 毎日湿布を貼っている
  • 膝が曲がらない
  • 朝起き上がるのに時間がかかる

変形性膝関節症とは

膝関節は日常的な動作で酷使される場所です。立つ、歩く、座るなど膝関節はさまざまな動作で使われ体重の約4~6倍の負荷が掛かっています。人間の身体は上手くできていて、骨と骨が擦れあわないよう軟骨によって保護されていますが、日々の生活の中で衝撃や摩擦によって少しずつすり減ったり、変形したりします。

膝が思うように曲がらなくなり、歩くのも苦痛に感じてしまい歩く頻度が少なくなります。そうなってしまうと、膝を支えている筋力が弱って体重を支えられなくなり、ますます痛みが強くなってしまうのです。

膝痛 歩かなくなる 筋力が落ちる さらに痛くなる

変形性膝関節症に対する施術

変形性膝関節症といっても、原因は多岐にわたります。しっかりと状態を見極めた上で、関節・筋肉などに炎症があるのか、どこの筋肉が弱くなっているのか、患者さんひとりひとりに丁寧な問診と検査をしていき施術を行います。そして、症状が改善傾向に向いてきたら当院のトレーニングスペースで、膝への負荷を減らせるような筋力トレーニングを行い、膝関節の安定性を向上させ不具合を解消していきます。

施術 症状改善 予防トレーニング

宮崎市で変形性膝関節症にお悩みの方は、「はり灸整骨院・整体院はるひ」にご相談ください。