ヘルニア

scroll

このようなお悩みはありませんか?

  • 短時間でも立っているのが辛い
  • 前かがみが辛い・痛みがある
  • 足やお尻が痺れている・感覚が鈍い
  • しびれや痛みで夜眠れない

ヘルニアとは

脊椎(背骨)は、椎骨と呼ばれる骨が重なり、その椎骨同士の間で衝撃を和らげるクッションのような働きをしている椎間板で構成されています。重たいものを持ち上げたり、強い負荷が椎間板にかかった時、椎間板の一部が飛び出て近くにある神経を圧迫ししびれや痛みを感じるようになります。

これを椎間板ヘルニアと言います。特に腰に発症することが多くみられます。

腰椎(腰の骨)は、5つの椎骨によって構成されており、ヘルニアは発生部位により症状が異なります。

  障害部位 症状
第3・4腰椎間 第4腰椎の神経 大腿四頭筋(太ももの前)筋力低下・下腿前面(膝から下)の感覚障害(しびれ等)
第4・5腰椎間
(特に多い)
第5腰椎の神経 前脛骨筋・長母趾伸筋・長趾伸筋の筋力低下
母趾(足の親指)の感覚異常
第5腰椎・仙骨間 S1神経
(仙骨神経)
下腿三頭筋・長母趾屈筋・長趾屈筋の筋力低下
小趾(足の小指)の感覚異常

 

ヘルニアへの施術

当院では、鍼灸と整体を用いて施術を行います。

問診により現在の症状を把握し患者様と相談しながら一人一人にあった治療内容を提案しております。

施術効果

①血流増加・抗炎症作用

鍼灸治療によって微小の傷をつけ刺激を加え、その傷を修復しようと体が働きかけ鎮痛効果や抗炎症作用が期待できます。また刺鍼部位の血管拡張により血流が増加し患部の筋肉の緊張緩和や組織の回復を早める効果があります。

②閾値(痛みのハードル)をさげることによる鎮痛効果

ヘルニアなどによる神経痛に対しては鍼治療の際に鍼に電気を通して治療していきます。

一定の周波数の電気を流すことで症状が出ている部位の痛みやしびれを感じにくくさせる効果があります。

一回の治療では変化が出にくいですが一定期間治療を継続することで症状の改善が期待できます。

※ヘルニアの症状は根本的な改善が難しい病態でもあります。

急性のヘルニアではおおむね3か月程度、慢性的なヘルニアではそれ以上かかる場合もあります。

その為、1回、2回の治療では症状の改善が難しく期間も長くなりやすいため、おおよその治療期間や頻度を把握した上で通院していくことを勧めています。

宮崎市でヘルニアにお悩みの方は、「はり灸整骨院・整体院 はるひ」にご相談ください。