股関節痛

scroll

このようなお悩みはありませんか?

  • 歩くのが辛く、外に出掛けることをためらってしまう
  • 階段の上り下りがとても辛い
  • 寝返りを打ったときに股関節が痛くなり、夜中に目が覚めてしまう
  • このままでは歩けなくなってしまうかもと心配だ
  • 痛み止めをいつも飲んでいる

股関節の痛みはなぜ起きるのか?

股関節は骨盤と下半身の間にあって、日常的な動作で酷使される場所です。

立ったり歩いたり座ったりと股関節はさまざまな動作で使われ、とても負担がかかります。
もともと人間の構造は上手くできていて、股関節も軟骨などによって保護されていますが、日々の動作の衝撃や摩擦によって少しずつすり減ったり変形したりします。

いろいろな理由から股関節に不具合が生じると、痛みのもとになります。

日常的に使われる頻度が高い股関節ですから、一度痛みが出ると、とたんに生活の質が下がります。
立ったり座ったりが辛くなり身体を動かすのが億劫になります。
そうすると、筋力が弱って股関節を支えきれなくなり、ますます痛みが強くなってしまうのです。

このような負のループに陥ると、股関節の痛みだけでなく、徐々に腰痛や膝痛まで引き起こし、全身が痛くて動くのがもっと辛くなっていきます。

放置すると問題が大きくなる股関節痛ですが、大きく分類すると2つに分けられます。

1つ目は、股関節そのものに問題があるケースです。
2つ目は、股関節以外の部位に問題があるケースです。

実は、股関節以外の腰などに問題があっても股関節痛は起こります。

痛みの原因がどこから来ているかをしっかり探ることは、施術をしていく上でとても大切です。
痛みの症状が出ている股関節だけに注目していると、根本的な原因を見逃し、思うように症状が改善しないこともあります。

股関節の痛みが治らない・悪化する理由は?

1つ目の原因の股関節そのものに問題があるケースは、さらに2つに分類することができます。

・股関節を構成する骨・軟骨に問題がある
・股関節を構成する筋肉に問題がある

骨や軟骨に問題があるケースの典型例は、変形性股関節症です。
老化するに従って骨や軟骨が変形したりすり減ったりして、股関節の痛みが生じます。
変形性股関節症の大きな特徴は、股関節がゴリゴリ鳴ることです。

普段から股関節に大きな負荷をかけている場合や、姿勢のゆがみや身体の使い方がアンバランスだったり片足に重心をかけていたりすると、股関節の変形が早まります。

また、股関節の周辺にはいくつもの筋肉があります。

これらの筋肉が股関節を支えていますが、筋肉に問題があって痛みを生じている場合もあります。
普段から運動不足で股関節を動かす機会が少なくなると、周辺の筋肉を使う機会も減ります。
すると、筋肉が硬くなり、股関節の柔軟性もダウンします。

股関節が動かしにくくなれば、動かせる範囲(可動域)も狭くなって痛みが出てきたりします。

姿勢が悪く身体のバランスが悪いと、やはり筋肉の使い方も偏って、その結果股関節痛の原因になるケースもあります。

当院の股関節痛の施術方法

一言に股関節痛といっても、原因は多岐にわたります。
ですから、患者さんひとりひとりに合わせた施術をしていかなければ治療効果は上がりません。

股関節痛を根本的に解消するためには、まずは丁寧な問診と検査が必要になってきます。

しっかりと原因を見極めた上で、関節・筋肉などに炎症があるのが分かったら、周りの組織を働かせることで、傷んだ組織の負荷を減らし修復されるように促します。
また、股関節の周辺の筋肉に問題がある場合には、これらの硬くなった筋肉をほぐして痛みを取り除く施術をします。

さらに、股関節が骨盤にきれいに収まっていない場合には、股関節を安定させるトレーニングをしたり、関節調整をしたりして不具合を解消します。

「はり灸整骨院・整体院 はるひ」では、痛みが出ている股関節にだけ着目するのではなく、全身のバランスを見ながら、今までの悪習慣を直すようにアドバイスをさせていただいております。

股関節の痛みを解消しても、姿勢などの生活習慣を見直さないと、また痛みが再発することになってしまいます。
最大限の治療効果を引き出すためには、スタッフと患者さんの二人三脚で治療にあたる必要があります。

ですから、すべて施術者まかせにするのではなく、あなたの協力も必要不可欠です。
これは、それだけ患者さんと真摯に向き合っている証拠だとご理解ください。

宮崎市で股関節痛でお悩みの方は、ぜひ一度「はり灸整骨院・整体院 はるひ」にご相談ください。

いきいきとした毎日のお手伝いをいたします。