脊柱管狭窄症

scroll

このようなお悩みはありませんか?

  • 長く歩いていると腰や足に痺れ・痛みが出てくる
  • 腰が最近曲がったままになっている
  • 腰、お尻、足が痺れたりピリピリしたり痛い

脊柱管狭窄症とは

背骨の中心で脊髄の神経が通るところを脊柱管といい、この脊柱管が何らかの原因で狭くなり神経が圧迫されることによって腰や、下肢に痛みしびれが出てしまう病気です。

原因

背骨(主に腰)や椎間板の変形や加齢による変化、靭帯などの周囲組織の変性、肥厚など様々な要因で神経の圧迫が起こります。

また同じような症状に椎間板ヘルニア腰椎分離すべり症などが原因で神経の圧迫がおこり症状が出現する場合もあります。

症状

  • 腰の痛み
  • 臀部、下肢の痺れ痛み、感覚異常
  • 長く立っていられない、歩けない(間欠性跛行)
  • 腰が曲がったままで背筋が伸びない

脊柱管狭窄症に対する施術

当院では神経の症状に対して「鍼治療」をお薦めしています。

神経の痛みは一般的な怪我による痛みとは異なり、ほっておいても良くならないどころか悪化するケースが多いです。鍼治療は、鎮痛や神経の興奮を抑えて症状を緩和させることが期待できます。

しかし、骨・椎間板の狭窄部が治っていく可能性は低い為、症状に対して施術を施す必要があり、ある程度の治療期間を要します。(最低4~6回)

また、原因となる腰の負担を減らしていくために腰や股関節の動きをよくしたり、筋肉の緊張を取り除く整体施術も行います。

宮崎市で脊柱管狭窄症にお悩みの方は「はり灸整骨院・整体院 はるひ」にご相談ください。