ストレートネック

scroll

このようなお悩みはありませんか?

  • 首肩こりがきつい
  • 頭痛やめまいがある
  • 首のつけ根や肩、肩甲骨周りがいたい
  • 目がつかれやすい、目の奥が痛む

ストレートネック(スマホ首)とは

本来首の骨(頸椎)は前側にすこしたわんでいます。しかし普段の姿勢の悪さやスマホ、パソコン作業を長時間続けるなどの原因で首のたわみがなくなり、まっすぐになってしまう状態をストレートネックと呼びます。

まっすぐになってしまうことで首肩への負担が大きくなり、凝りや張り感がひどくなったり頭痛やめまいがしたりと症状が悪化してしまうことがあります。

症状

  • 首から肩、肩甲骨にかけての張り、凝り感の悪化、重だるい痛み
  • 頭痛、めまい、吐き気、不眠(寝つきが悪い)など(自律神経障害)
  • 手、腕のだるさ、しびれ(頸椎ヘルニア)
  • 首もしくは肩の可動域制限

ストレートネックに対する施術

当院では、状態や症状に合わせて整体施術、鍼灸、電療を行い早期改善、根本的な改善を図ります。

・首肩周囲の筋緊張の緩和、血流改善

ストレートネックの状態では頭の重さの分散がうまくいかず首肩の筋肉の緊張が余計に強くなり血流が悪くなってしまいます。

首の血流が悪くなると首肩の症状のみならず頭痛や自律神経症状も出てくるようになります。当院では、筋肉の緊張に対しては定期的な整体施術でしっかりほぐし、頭痛や首肩の痛みがある場合は鍼灸治療で痛みの緩和、血流改善を行っていき直接筋肉の緊張を緩めていきます。

猫背や体幹の姿勢改善

ストレートネックの状態では頭部、頸部が前傾しやすく、体幹も全体的に丸くなってしまいます。その姿勢がつづくと当然首肩、背中全体の緊張が強くなり常に負担がかかってしまいます。正しい姿勢を理解し、普段の姿勢から意識することで症状の根本的改善を行っていきます。

また、長時間のスマホやパソコン作業での姿勢は避けるようにし適度に体勢を変えリラックスさせることが大切です。

首肩、肩甲骨のストレッチ、可動域改善

首肩の緊張が強いと可動域や関節の動きが悪くなり痛みが出やすくなります。ストレッチや可動域をよくすることで筋肉が正常に働き血流改善や全体的な負担も減っていきます。

普段の日常生活からしっかりと予防することで、痛みや症状の悪化を抑えることができます。

宮崎市でストレートネックにお悩みの方は「はり灸整骨院・整体院 はるひ」にご相談ください。